ダンスだけじゃ食えないっす。。

ダンサーは年収低いし、常に貧乏です・・・

2008年に文部科学省の発表した学習指導要領により2011年から小学校、2012年から中学校、2013年には高校でダンスが必修化されました。

そういう意味では、ダンス業界も昔と比べたら市場が大きくなり、ダンスで食える人も増えてきています。

でも、実際はダンスで食えている人なんてほんの一部のダンサーだけで、ほとんどのダンサーはダンスで食えないのが現状です。。

実際、僕もダンスだけでは生活できません。。年収は言えないくらい低いです。。とにかくいつも貧乏です(´□`。)

貯金なんて全くありません。家賃もいい年こいて、6万円台です。。もう、底辺ですね。。

ダンスのインストラクターだけでは生活費すら払えないので、普段はバイトやっています。

時給バイトも日給バイトも両方やっていますね。時給バイトはレストランでウェイターやっています。

これは完全にまかない狙いです(笑)食費が浮きますし、お金気にせず、腹一杯食えますからね(^_^)

日給バイトは力仕事が多いですね。筋トレになりますからね。そして、力仕事は日給が高いですから。

ジムに通ったらお金を取られますが、力仕事ならお金もらいながら筋トレできちゃいますからね!

レストランのバイトはジョブセンスで見つけました。

力仕事も肉体労働ページで見つけましたね。

あと、オイシイのが警備員です!警備員って日給が高いですし、ジョブセンスで応募するをお祝い金として2万円もらえるんですよ!

なので、警備員のバイトをすると最初は日給+お祝い金2万円でちょっとリッチになれますよ(^_^)

こんな感じで、いつかダンスで大金を稼げることを夢見て、バイトも頑張っています!

どうにもならない時はお金借りています。

とはいっても、どうにもならない時もあります(´・_・`)

ダンサーってけっこう経費がかかりますからね。交通費とか衣装代とか。

ダンサー仲間との付き合いもありますし。

だから、家賃の支払いが数千円足りなかったり、クレジットカードの支払いができない時もあるんですよね。。

そんな時はプロミスで1万円とか借りて乗り切っていますね。

1万円借りても実質年率18%で借りて30日後に返済したら利息はたったの147円ですからね。

利息の計算方法は「借りた金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数」です。

10000 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 147.945...

カードローン会社の人ってすごく親身になってくれるので、お金に困った時は計画的に利用していますね!

パソコン、スマホから申込できます。360日24時間申込OK!

サービス 実質年率
融資額
審査時間
融資時間
特徴 対象
無利息期間あり
プロミス
4.5%〜17.8%

1〜500万円
最短審査30分

平日9:00〜14:50までにWEB契約完了で当日振込。
三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
借入れ3秒診断。
主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合は申込可能。
SMBCモビット
3.0%〜18.0%

1〜800万円
最短審査30分

平日9:00〜14:50までに手続き完了で当日振込。
三井住友銀行グループ
「PCからWEB完結申込」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし。
10秒簡易審査。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。
アコム
3.0%〜18.0%

1〜800万円
最短審査30分

平日9:00〜14:30までに手続き完了で当日振込。楽天銀行に口座をお持ちの場合は土日祝日でも振込可能。
三菱UFJファイナンシャル・グループ
30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
アイフル
4.5%〜18.0%
1000円〜500万円
最短30分 1000円から借りられる
手続きはネットで全て完了。面倒な契約書の郵送は不要。即日振込も可能。
自営業者、パート、アルバイト、派遣・出向、主婦(専業主婦除く)、学生(20歳以上)でも安定した収入があれば申込可能。

ダンサーの金銭的意識はすごく低い

よくダンサーだけで集まると、日本はダンスで食える土壌がまだ作られてないとか言いますが、ダンサーがダンスで食えない理由って、ダンサー自身の意識の問題も大きいと思いますね。。

まず、ダンサーって偉そうなこと言うわりには、お金に対する意識が低いです。

お金は欲しいけど、自分のやりたくないことはしたくないみたいなヤツが多いんですよね。。

でも、世の中のサラリーマンなどは、嫌なことも普通にやりますよね。ってか、たぶん、イヤなことだらけなんじゃないでしょうか?

それでもガマンして仕事をこなしているから、安定した給料がもらえます。

一方、ダンサーは年収が低くて給料は安定していません。基本、貧乏なヤツが多いです。

でも、それも仕事を選んでいるからという見方もできます。

カッコいい仕事だけやりたいのは分かりますが、カッコいい仕事ばかりじゃないですからね。。

仕事なんて選べる立場にありませんし。

あとは、ダンスで食えてる先輩ダンサーも金銭的意識が低い人が多いんですよね。

ダンサーで確定申告をちゃんとやっている人がどれだけいるでしょうか?

僕の知り合いのダンサーは日本だけでなく、世界でもバトルやショーで活躍しています。

その人は普段は会社勤めをしていますが、インストラクターやジャッジで得たお金を確定申告していません。

正社員は副業で年間20万円以上稼いだら、確定申告する必要があります。

世界で活躍するダンサーですらこの程度の金銭意識なんです。

こんなんじゃ、日本でダンスで食える土壌が作れてないのも分かりますよね。。

日本では20歳になったら国民年金を払う義務があります。

でも、ダンサーって国民年金を払ってない人、すっごい多いと思いますよ。。

ダンス業界自体が所詮この程度のレベルなんで、食えないダンサーが多いのも理解できますよ。。

年収も低いし、貧乏なヤツが多いワケも分かりますよ。

関連サイト